東札幌病院の理念
【医療の本質はやさしさにある】
この実践がもっともよく遂行される形態が緩和医療であり、ホスピスはその象徴である  
東札幌病院の基本方針

1)東札幌病院は創立からの理念にもとづき患者さんのクオリティ・オブ・ライフ(QOL:
  日々の生活の質、生命の質)を尊重した医療を提供します。
2)東札幌病院は各専門職が患者さんとそのご家族にチームで医療を提供します。
3)東札幌病院は根治的医療から終末期医療までの総合的癌医療を提供します。
4)東札幌病院は施設から在宅まで総合的な医療を提供します。

 東札幌病院は、「医療の本質はやさしさにある」という理念のもと、 地域社会の一員として人々の健康増進から予防、診断、治療、リハビリテーションまで一貫した総合的医療に取り組んでいます。
 患者さんの生活に対する価値観や生き甲斐など、生活や人生の質的な面に重点をおき、「もっともその人らしい」生活となることを尊重した医療と看護を行っています。これは、QOL(Quality of Life「クオリティ・オブ・ライフ」=生活・生命の質)尊重の考え方として、ホスピス・ケアに象徴されるものです。
 東札幌病院は、このようなホスピス・ケアの実践を、患者さんとの対話やご家族へのケアサポートなどチーム医療により行っています。
■さまざまに組み合わされたケアチーム・アプローチの実践
患者さんやご家族が共に良い状態を保つためには、さまざまに組み合わされたケアが必要となってきます。 東札幌病院では、医師、看護婦、医療ソーシャルワーカー、栄養士、薬剤師、検査技師、ボランティアなど、各専門分野のスタッフで構成されるチームによって、 患者さん一人ひとりのさまざまな問題をきめ細かく検討し問題解決にあたっています。
■医とこころの両面から支えていくパリアティブ・ケア(緩和ケア)
道内で初めて厚生省(当時)のパリアティブ・ケア(緩和ケア)病棟の承認を受け(平成5年9月)末期がん患者さんのホスピス・ケアにも全力を尽くしています。 緩和ケア病棟は、苦痛症状のコントロールをもっとも優先しながら、トータルな治療を行うものです。 東札幌病院では、チーム・アプローチにより、身体的な苦痛症状をやわらげるとともに、患者さんやご家族の精神的な痛み、また社会的な痛みや経済的な痛みなどさまざまな痛みを緩和する医療を行っています。
(昭和58年4月15日 石谷邦彦 記)