緩和ケア外科

緩和ケア外科

診療内容

”緩和ケア”は、単に痛みや呼吸困難などの身体症状を軽減することだけを目指すものではなく、患者さんの立場に立って、そのすべてのニーズを満たそうと努める”全人的”ケアです。そのためには、患者さんの疾患領域の治療を専門とする医師だけではなく、精神科医、看護師、ソーシャルワーカー、理学療法士、薬剤師、栄養士など、様々な領域の専門家がチームを作り、最も効果的な医療とケアを行っていく必要があります。痛み・苦痛を軽減するためには、お薬を中心とした内科的アプローチだけでは困難で、小手術やドレナージ、輸液ルートの確保や人工肛門などの緩和的手術、骨折治療やリハビリテーションなどの整形外科治療など、外科的アプローチが必要な場合も少なくありません。当緩和ケア外科は、そうした医療・ケアを主に担当するとともに、緩和ケアチームの一員として、患者さんのすべての病相で最適な医療とケアを提供することを心がけています。

なお、最善の医療とケアとはなにかを総合的・俯瞰的に判断し、外科的アプローチの必要性を客観的に評価し、診療科・部の枠を超えた診療をしていくために、あえて調整役である科長は、手術による時間的空白のない腫瘍内科、緩和ケアの専門的医師(主に乳がんを担当)が務めることとし、麻酔科、整形外科を含む外科系医師とともに当診療科(緩和ケア外科)を構成しています。

スタッフ

科長 三原 大佳
(兼任)
日本内科学会 内科認定医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本医師会認定 産業医
長谷川 格
(兼任)
日本外科学会 外科専門医・指導医
日本消化器病学会 消化器病専門医・指導医
日本消化器外科学会 消化器外科認定医
日本内視鏡外科学会 技術認定医
日本臨床栄養代謝学会 認定医
岩山 祐司
(兼任)
日本外科学会 外科専門医
日本消化器病学会 消化器病専門医
日本乳癌学会 乳腺専門医
大村 東生
(兼任)
札幌医科大学 臨床教授
日本外科学会 外科専門医
日本乳癌学会 専門医・指導医
日本乳がん検診精度管理中央機構 検診マンモグラフィ読影認定医師(A判定)
日本乳癌学会 評議員
日本乳癌検診学会 評議員
日本乳癌学会北海道地方会 世話人
日本臨床外科学会 北海道支部 評議員
北海道乳腺疾患研究会運営委員
  井須 和男
(兼任)
日本専門医機構 整形外科専門医
整形外科学会認 定運動器リハビリテーション医
身体障害者福祉法指定医
  佐々川 飛鳥
(兼任)
日本麻酔科学会 専門医・指導医
救急医学会 専門医
集中治療医学会 専門医