循環器内科

循環器内科

診療内容

高血圧症、狭心症・心筋梗塞に代表される虚血性心疾患、不整脈、静脈瘤・閉塞性動脈硬化症に代表される血管疾患などの循環器疾患の診療を行っています。外来で適切な薬の選択を行うと同時に生活習慣の改善指導を行い、病状の安定が維持できるように診療を行っています。入院治療は原則として当院で対応可能ですが、冠動脈CT検査機器などが整備されていないため、心筋梗塞を疑う場合などには連携している華岡青洲記念病院などに紹介させていただきます。

最近「腫瘍循環器学」という新しい臨床研究分野が提唱されています。これは循環器医ががん患者様の主治医に対して、進行がん状態では血栓ができ易いことの注意喚起や縦郭浸潤などにより生じる不整脈への対処の助言、従来のがん治療薬(アントラサイクリン系など)により生じる心筋障害・心不全の治療、最近のがん分子標的薬に起因する血圧上昇・不整脈・静脈血栓症・肺高血圧などに対する管理を行うということです。循環器科というと通常は救急救命が連想されますが、当科は当院の理念に沿ってがん患者さんが困っている循環器に関わる症状を主治医・スタッフと連携して極力軽減することを目指して診療しています。

スタッフ

科長   秋津 秀樹 日本内科学会 内科認定医
日本医師会認定 産業医
(非常勤) 髙木 伸之 日本内科学会 内科認定医
日本医師会認定 産業医
(非常勤) 古谷 純吾 日本内科学会 総合内科専門医
日本循環器学会認定 循環器専門医
日本心血管インターベンション治療学会専門医
(華岡青洲記念病院副院長)

治療を受けるにあたって

高血圧症や狭心症は成因として塩分の過剰摂取、栄養の偏り、運動不足など長年積み重ねてきた生活習慣の乱れが挙げられます。そのため治療を行う際には服薬とともに、診療ガイドラインに沿って栄養指導などによる生活習慣の改善も並行して行わなくてはなりません。喫煙もまた動脈硬化を進める一因となるので、禁煙外来の受診をしていただくこともあります。

また薬は単独でも副作用が出現する場合がありますし、服用する薬が増えると薬同士の相互作用が絡み合うことで良かれと思って処方した薬がマイナスに働く事態も起こり得ます。さらに最近は加齢による動脈硬化の現れとして腎機能障害を伴う患者さんが多くなっており、消炎鎮痛剤や造影剤などとの関連にも注意を必要します。サプリメントを服用している場合にも処方薬との相互作用が出ることがあります。上記の理由から治療にあたっては様々な提案をすることになりますので、ご協力をお願いします。