整形外科

整形外科

診療内容

整形外科は骨・関節・筋肉の疾患や外傷を診療する科で、主に背骨と骨盤、四肢を治療の対象としています。

当院はがん治療、がんの緩和ケアを専門とする病院です。そのため一般的な整形外科と治療の対象が少し異なっており、緩和ケアにおける運動器診療をメインテーマとして診療にあたっています。がんの進行した状態では骨転移は珍しくありません。骨転移は痛み、麻痺、骨折などの原因となり生活の質を大きく低下させます。骨転移を的確に診断、評価し、これらの症状を予防すること、すでに出てきた症状を軽減することが求められています。骨転移の診断には骨シンチ、MRIなどが用いられ、骨転移の進行を抑制する薬剤、痛みを抑えるオピオイドを含む薬物療法、放射線治療などを行っています。手術が必要なときは他医療機関に依頼しますが、術後は当院で治療を継続しています。

がんにおいては、筋の委縮、全身の衰弱などが痛み、生活機能の低下を招くこともあり、以前からの整形外科疾患による痛みが強くなることもあります。このような場合にも、リハビリで機能の維持・改善を図ること、整形外科疾患の治療により症状を軽減することができます。患者さん一人一人の状態に応じて、ご本人、ご家族と相談しながら治療を行っています。

外来では打撲、捻挫、脱臼などの検査・治療は行いますが、骨折や関節損傷のように手術が必要なものに関しては診断のみを行うか、明らかに手術が必要な場合には近隣の整形外科を紹介し受診していただいております。

スタッフ

科長
井須 和男 日本専門医機構 整形外科専門医
日本整形外科学会認 定運動器リハビリテーション医
身体障害者福祉法指定医
(非常勤)   村田 憲治 日本専門医機構 整形外科専門医
(札幌医科大学整形外科)

診療実績

入院治療症例数(2018-2019年)

進行がん緩和ケア 74例
脊椎圧迫骨折 4例
化膿性脊椎炎 2例
その他 3例
合計 84例