呼吸器内科

呼吸器内科

診療内容

喘息・慢性閉塞性肺疾患(COPD:慢性気管支炎、肺気腫)・肺腫瘍・間質性肺炎・睡眠時無呼吸症候群の診断および治療、検診などで指摘された胸部異常影精査、禁煙外来等を行っています。外来通院中の疾患の治療とともに一般的な内科疾患について検診を実施し、治療につながるように説明しています。

スタッフ

科長
(非常勤)
伊達 拓子

当科は非常勤医師1名で外来診療を実施しています。1名で診療できる患者数に限りがありますので外来は予約制となっています。

診療実績

2019年(延べ人数)

喘息 275名
慢性閉塞性肺疾患 28名
肺腫瘍 25名
間質性肺炎 9名
睡眠時無呼吸症候群 17名