新型コロナウイルス感染症に関するご報告 

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

昨年、病棟看護師1名が12/28のPCR検査で新型コロナウイルスへの感染が判明しましたが、その後の79名の患者、職員の検査で全員陰性であることが確認され、2週間経過後も新規発生がないため当該病棟は面会可能となりました。

また1/8に別の病棟に入院した患者さん1名がPCR検査で陽性であることが翌日1/9に判明しました。濃厚接触者はいませんでしたが、当該病棟を面会禁止とし、念のため関わった患者、職員のPCRを1/13に行いました。結果は全員陰性であり、また、当該患者さんも専門的病院に無事受け入れていただくことができました。このことから面会禁止措置を緩和し、面会可能といたします。

ただし、面会については引き続き、必要最小限にとどめていただきますようお願いいたします。患者さんの安全性を保つためのやむを得ない措置であること、ぜひともご理解いただき、ご協力をお願いいたします。

                 令和3年1月15日 東札幌病院 病院長 西山正彦