ご挨拶

理事長挨拶石谷邦彦

東札幌病院は、全国でも数少ない「悪性腫瘍に係る専門病院」という特別な国の認可を受けて、がんの標準的治療と緩和ケアに携わっています。

その基本的な思想は、人間尊重の意味を込めた「人間主義」*であり、長く当院の医療の根幹を成しています。創設当初からその思想を「医療の本質は“やさしさ”にある」という表現で理念として掲げています。

「無に等しいものでありながら、自分と同じ運命のもとに他人もまた置かれていることを、身につまされて感ずることができたら、そこに生まれる感情は“やさしさ”と名付けることができるであろう。」

(「生きる場の哲学」花崎皐平 岩波新書 1981)

東札幌病院の“やさしさ”のがん医療は科学に基づいて行われています。科学は自然科学と人文科学(人為の所産と人間本性を研究する、社会科学と哲学)から構成され、がん医療は両者の統合が必須です。

がんの自然科学の進歩は目覚ましく、当院の医療現場では最先端の標準的治療と緩和ケアが行われています。一般に緩和ケアでは、人文科学である社会科学と哲学も多く求められ、がんの進行に伴い必要になると理解されています。しかし当院では、がんの緩和ケアはがん医療の一環であるとして常に両者が並行して実施されています。

そのひとつの具現化が他職種連携のチームアプローチであり、このシステムは緩和ケアのみならず標準的治療の際にも必要です。当院は創設以来このシステムにボランティア活動など地域社会も組み込んで医療を行なっています。

医療は受け手の患者さん、そのご家族、そして地域社会の皆さんと担い手である私達医療者の協働作業です。このような東札幌病院の想いをぜひご理解いただき“健康”を軸とした“平和”な世界を皆さんと共に歩む事を願っています。

 

*人間主義humanism:異なる社会、異なる文化に属する人々が互いに対等な人間同士として認め合い人類共同体を構成し、その一員としてふさわしく協力し合うと説く人間尊重の思想である。

(「はじめての構造主義」橋爪大三郎 講談社現代新書 1988)

 

副理事長挨拶

東札幌病院副理事長 佐藤昇志
札幌医科大学名誉教授

私は、私がまだ札幌医大教授の時代からこの病院を尊敬していました。この病院はその設立以来、恩師である漆崎一朗札幌医大名誉教授(札幌医大がん研究所内科部門(のちの第4内科)教授、故人)が思いをいたした「がんを中心とする医学・医療の哲学」を医療の実際の現場で具現化しようと日々努力されている日本でも志高き病院でありつづけているからです。その哲学は、私の医師として、また医学、病理学、免疫学研究の初心でもありました。

患者さんにとりベストと思われる医療を提供する。しかし、簡単なことではありません。その実践には、時代の最先端医科学、がん医学、進んだ看護学、緩和医科学が必須です。加えて適切な社会医学的配慮、事務部門の支援、あるいは行政・自治体との協調など、どれ一つを取ってもエキスパートが多数必要で、有効な組織化も必要です。 東札幌病院は設立以来40年の歴史で「がんを中心とする医学・医療の哲学」を高いレベルで具現化されてきました。それはすでにブランドにまでたかめられているといえるでしょう。患者、家族の皆様はどうぞ東札幌病院のそのようなスピリットに接していただき、病を共にみつめていただきたいと思います。

東札幌病院副理事長 西山正彦
広島大学・群馬大学名誉教授

東札幌病院は、がんを主な対象とし、患者さんひとりひとりが「もっともその人らしい」療養生活を送ることができるよう、根治的医療から終末期医療までの総合的な医療を展開する病院です。

なかでも緩和ケアにおいては、本邦の先駆けとしての自負を持ち、患者さんやご家族の精神的な痛み、また社会的な痛みや経済的な痛みなど、様々な痛みを緩和する医療を行っています。

その理念と医療実践のすばらしさに惹かれ、令和元年7月1日から、スタッフの一員に加わらせていただきました。長きにわたり、大学で新規がん医療の開発研究とその普及に携わってまいりましたが、そうした先進的医療を、東札幌病院のスタッフは積極的に取り入れ、日々全力で実践しております。 当院には、他の専門的大病院にはない地域レベルで医療と福祉を確立しようとする気概があり、医療内容とともに、患者さんの日々の生活の質をも高めるため様々な配慮がなされています。民間の施設ではあっても、道内をはじめ全国の大学や医療・教育機関からの研修や見学の申し込みは絶え間ありません。東札幌病院の一員としての誇りをもち、患者家族の皆様により安心して来院していただける病院となるよう、様々な課題に果敢に挑戦していきたいと考えております。

院長挨拶西山正彦

東札幌病院は1983年の開設以来“医療の本質はやさしさにある”の理念のもと、総合的ながん医療、総合的な地域医療を提供する役割を果たしています。

今日、がんは国民の二人に一人が罹患する克服困難で厄介な病ですが、がんの医療の質が向上し、その効率化と医療費の節約のために外来診療が勧められてきました。しかし、自宅から医療機関が遠い場合や体力的に通院が困難である場合には入院による治療を受ける必要があります。当院には道内外のがん拠点病院、診療連携拠点病院などから毎年約1,200人のがん患者さんを紹介していただいておりますが、その理由の多くは、必要な時には入院をしながら化学療法、放射線療法、免疫療法、緩和医療を続けるためです。2009年、当院は「悪性腫瘍にかかわる専門病院」の施設基準を満たし、平均在院日数は28日未満が認められております(7対1看護基準)。この制度の施設基準を満たす医療機関は全国で20余りの都道府県のがんセンター病院がほとんどであることは、当院のがん診療における役割を現わしています。

最近、日本のがん患者さんの5年生存率は平均64%にまで改善しておりますが、罹病期間が長くなり、がんによる疼痛をはじめとする症状のコントロール、支持療法を継続する必要があります。

また、がんを完治できる機会も増えてきましたが、患者さんを看取ることは避けられません。当院では58床の緩和ケア病棟ばかりでなく、院内の全ての病棟で全ての病期の患者さんに緩和ケアを提供しております。その結果、当院では札幌市のがんによる死亡数の15-20%に相当する年間約750人のがん患者をお看取りしております。

一方、当院は開院以来37年、地域の住民に対するかかりつけ医としての役割も持っています。がん患者さんばかりでなく、非がん患者さんにも”コミュニティ・ケア”の視点で医療を提供するために、国内で最も早くから、MSWの導入、訪問看護、院内ボランティア活動を開始し、さらに介護保険制度の進歩とともに訪問診療、地域包括支援センター、居宅介護事業所、介護予防センター、ヘルパーステーションを設置して在宅医療を提供してきました。

“多職種によるチーム医療”が当院の創設時から大切にしている姿勢です。今後とも、一人でも多くの患者さんに質の高い最適ながん医療を提供するために職員一同で取り組んでおります。皆様方のあたたかいご支援とご助言を心よりお願い申し上げます。

前院長 照井 健の志と汗を引き継いで
    (令和2年7月1日 就任)